読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵小杉で読書会をやってる人のブログ

まだ出会えていない〈ことば〉が、ここにあります

【ご案内】#99 こすぎナイトキャンパス 村上春樹『騎士団長殺し』を読もう!

※日々の日記は、この記事の下にあります! 武蔵小杉の読書会「こすぎナイトキャンパス」も、いつの間にか99回を迎えようとしています。 今回、3月28日(火)開催の課題図書は村上春樹さんの新作長編小説『騎士団長殺し』です! 上下巻合わせて2000枚の大作、…

【本日誌】進行レジュメppt、作成おわり

ということで、読書会こすぎナイトキャンパスのざきほー(@xaqihooo)です。いよいよ明晩は、村上春樹さんの『騎士団長殺し』(新潮社)に挑みます。 といってもそんな大仰なもんではないのですが。 ここのところ毎回、進行のレジュメを作成していきます。 …

【本日誌】人形劇「イヌの仇討ち」を観てきました

読書会こすぎナイトキャンパスのファシリテータ・ざきほー(@xaqihooo)です。 今日は地元・川崎の人形劇団ひとみ座の公演「イヌの仇討ち」を観てきました。 1月30日(月)『イヌの仇討』 チケット発売開始! - ひとみ座ニュース | 人形劇団ひとみ座ひとみ座さ…

【本日誌】次回の読書会は『騎士団長殺し』です

「ロミオとジュリエット」公演が終わってからこっち、すっかり更新をサボっていましたが、春風に誘われて虫たちとともに動き出しました。 上の告知投稿にもありますが、3/28(火)19:28~は、第99回目のこすぎナイトキャンパスがあります。 よかったら、立ち…

【ロミジュリ日誌】発表会、終了!

昨春からスタートした、戯曲を声に出して読んでみるワークショップ「はじめて触れる戯曲」。 その第一期の発表会が、ついに先日2/12に行われました。 そのレボートを、当日取材していただいた、武蔵小杉ライフさんが掲載してくれました。有り難うございます…

【ロミジュリ日誌】ひとみ座の人形劇「リア王」を楽しんできました

気がつけば、立春。 陽も長くなってきました。個人的には、正月よりも節分の方が新年の区切りという感じがしています。さて、今日は、人形劇団ひとみ座公演「リア王」を観てきました。 (ちなみに、この劇で使っている翻訳は斎藤勇訳の岩波文庫版です。写真…

【ロミジュリ日誌 #2】「ロミオとジュリエット」、猛スピードで恋は。

2/12(日)、人形コラボレーション劇として発表する「ロミオとジュリエット」。 www.kokuchpro.comタイトルやあらすじくらいは何となく知っている方も多いでしょうが、原作(戯曲)を読んだことがある、というとそんなに多くないかもしれません。 かく言う私…

新聞スクラップをはじめてみた

紙媒体の新聞というものを、久しく手にとらなくなっていた。理由はあちこちで言われているのと、さして変わらない。昨年末、高校で先生をされている知人のNさんのSNS投稿で、彼女が新聞のスクラップを授業に取り入れているということを知った。生徒が新聞を…

【ロミジュリ日誌】「はじめて触れる戯曲」第1期発表会「ロミオとジュリエット」をやります

2016年の春から、読書交流会〈こすぎナイトキャンパス〉ではじめた、「はじめて触れる戯曲」というワークショップ。 誰もが名前くらいは知っているけれど、ちゃんと読んだことはないかも、という古典の名作やポップな現代劇を、「声に出して読む」という試み…

【芥川賞直木賞予想 #156-5】 第156回芥川賞直木賞決定、御目出度うございます。

第156回芥川賞直木賞銓衡会の結果は、以下の結果となりました。芥川賞は、 山下澄人『しんせかい』(新潮社) 直木賞は、 恩田陸『蜂蜜と遠雷』(幻冬舎) です。受賞者のみなさん、大変御目出度うございます。 これからのご健筆を祈念いたします!わたしの…

【芥川賞直木賞予想 #156-4】 第156回芥川賞直木賞当落予想します

ということで、今回もまたろくに読めずに銓衡会当日になってしまいました。芥川賞候補作はけっきょく、一作を残して全部読み切りました。その状態で、ひとまず予想します。本音は「該当作無し」ですが、賞はあげるものという精神に則って言うならば、宮内悠…

【芥川賞直木賞予想 #156-3】加藤秀行『キャピタル』を読んでみた

続いては、加藤秀行『キャピタル』を読んだ。 この作家は、第154回のとき「シェア」で芥川賞候補作となった。今回で二回目。前回ぼくは受賞と敢えて予想した。柔らかな文体で、憂鬱を包んだ都市小説。素材も「民泊」という今どきのものだった。技のある作家…

【芥川賞直木賞予想 #156-2】 宮内悠介「カブールの園」を読んでみた

年末にかけて、今回の芥川賞(第156回)の候補作の大半を一気に読んだのですが、それをアップするのを忘れていました。 正直言うと、前回の候補作のレベルに比べて、格段に落ちているといわざるを得ません(ただ残り一作をまだ読んでいないのでなんともです…

久しぶりに落語を聴いてみた #1

昨夜、知り合いのお宅に新年会でお邪魔したときのこと。 ホストが今月1月下旬に落語会の出演するというので、案内をもらった。彼が演るのは「四段目」。たしか歌舞伎の忠臣蔵が題材だったかと記憶しているが怪しい。志ん朝の音源が家にあったはずである。怪…

新年のご挨拶、第94回読書会のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。昨年2016年も、こすぎナイトキャンパスにご参加ご支援いただき、誠にありがとうございました。 企画運営スタッフを代表して、御礼申し上げます。 昨年も、本をメディア(切り口)にして、いろんなことにチャレンジさせ…

著者のいる「現場読み」の贅沢さ ~「よみかい in 未来食堂」読書会

先週末12/17、神保町の「未来食堂」で、読書会が開かれました(主催者側なので「開きました」が正確ですね)。題して「よみかい in未来食堂」。主催は、こすぎナイトキャンパスとCMC(コミュニティマネージャーズコミュニティ)。 課題テキストは、小林せ…

【芥川賞直木賞予想 #156-1】 第156回芥川賞直木賞当落予想を楽しみます

武蔵小杉の読書会「こすぎナイトキャンパス」でファシリテータをしている、ざきほー(@xaqihooo)です。 毎冬恒例の芥川賞直木賞銓衡。今回で第156回目となりました。その候補作が、先日出揃いました。芥川龍之介賞|公益財団法人日本文学振興会 直木三十五…

はじめまして ~冬至の日から

お立ち寄り、有り難うございます。川崎の武蔵小杉で、「こすぎナイトキャンパス」という読書会を企画運営している、ざきほー(@xaqihooo)です。企画のほかに司会進行もしています。ディレクター兼ファシリテータというところでしょうか。このブログでは、こ…