読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵小杉で読書会をやってる人のブログ

まだ出会えていない〈ことば〉が、ここにあります

【芥川賞直木賞予想 #156-1】 第156回芥川賞直木賞当落予想を楽しみます

10 本日誌 31 小説・創作 70 芥川賞直木賞銓衡ウォッチ

武蔵小杉の読書会「こすぎナイトキャンパス」でファシリテータをしている、ざきほー(@xaqihooo)です。
毎冬恒例の芥川賞直木賞銓衡。今回で第156回目となりました。

f:id:zocalo:20161223214156j:plain

その候補作が、先日出揃いました。

芥川龍之介賞|公益財団法人日本文学振興会
直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会

ここ数年毎回の銓衡をウォッチしている流れで、今回も「勝手に銓衡ウォッチ」していきます。
前回第155回では、芥川賞はドンピシャ、直木賞は大ハズレでした。
thx.hateblo.jp

さて、(@_@)/ズバリッ! 今回も中てにいきたいと思います。
現時点では芥川賞のテキストはほぼ手元に揃えました。直木賞は店頭で順次揃えていきます。
銓衡会は2017/1/19ということなので、前日までには「予想編」の記事をアップするようにします。

これまでの「勝手に銓衡ウォッチ」成績を自分なりにまとめてみました。
芥川賞直木賞でそれぞれカウントし、ダブル受賞の場合はどちらかが中れば「勝ち」としています。予想をパスしたのはノーカウント。

  • 第152回銓衡(2015.1.15) 1敗(累計 4勝1敗)
  • 第154回銓衡(2016.1.19)0勝(累計 5勝3敗)

トータル12戦中6勝(うち2戦はノーカウント)。五分五分というところですね。
ぼくとしては2017/1/19までは「ひとり芥川賞直木賞祭り」なので、候補作の感想などを順次アップしていきます。
来年2月の読書会では、芥川賞直木賞受賞作を、課題テキストとして取りあげてみたいと思っています。

■追記
恒例「第156回芥川賞、直木賞を徹底予想 文学賞メッタ斬り!スペシャル」も楽しみであります!