読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵小杉で読書会をやってる人のブログ

まだ出会えていない〈ことば〉が、ここにあります

新年のご挨拶、第94回読書会のお知らせ

02 読書会ご案内

新年明けましておめでとうございます。

昨年2016年も、こすぎナイトキャンパスにご参加ご支援いただき、誠にありがとうございました。
企画運営スタッフを代表して、御礼申し上げます。
f:id:zocalo:20170103064712j:plain

昨年も、本をメディア(切り口)にして、いろんなことにチャレンジさせていただきました。
2016年1月からは、こすぎトラベラーズサロンさんと共催で、トイレ研究家・白倉正子さんをお招きしてのトイレ談義「トイレから広がる世界 本から・旅から・日常から」を開催。また、ご近所の日吉からは、横浜日吉新聞さんにお越しいただき、ムック本「ジモト飯」を熱く語ったりもしました。

そして、春からは「はじめて触れる戯曲」と題したワークショップを、地元川崎の演劇集団「カワサキアリス」主宰のAshさんをお迎えしてはじめました。その成果のひとつとして、コスギフェスタで「歌と踊りと物語」の発表会をさせてもらったことも記憶に鮮やかなところです。

今年2017年1月には、こすぎナイトキャンパスが正式に活動をはじめてから5年目を迎えます。また順調にいけば、次の初夏のころには100回目の開催となることでしょう。

読書会という小さな活動がここまでこられたのも、陰に陽にご参加ご支援いただいている皆様のおかげであり、そして後方で企画運営に手足口を動かしてもらっているスタッフのみなさんのお陰だと深謝しています。
改めて有り難うございました。

今年もスケールにとらわれることなく、楽しく笑い合いながら、本と言葉と人と街場との交歓ができればと思っています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、次回第94回の読書会についてのご案内です。
www.kokuchpro.com

今回のテキストは、『泥酔懺悔』(ちくま文庫)。
女性の作家(女流作家というのか)11人による、「酒飲みショートエッセイ」のアンソロジーです。
真冬の夜、お酒談義で心を温めましょう。

お待ちしております。