読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵小杉で読書会をやってる人のブログ

まだ出会えていない〈ことば〉が、ここにあります

【本日誌】人形劇「イヌの仇討ち」を観てきました

読書会こすぎナイトキャンパスのファシリテータ・ざきほー(@xaqihooo)です。
今日は地元・川崎の人形劇団ひとみ座の公演「イヌの仇討ち」を観てきました。
1月30日(月)『イヌの仇討』 チケット発売開始! - ひとみ座ニュース | 人形劇団ひとみ座

ひとみ座さんには、先日の「ロミオとジュリエット」のときにもお世話になりました。わずかな時間でしたが、人形の使い方、考え方に触れて「人形劇」の奥深さを感じ取ることができました。
そのひとみ座さんが、井上ひさしの戯曲「イヌの仇討ち」をやるというのです。これは観に行かなければ!
hon.hatenablog.jp

場所は、六本木の俳優座日比谷線駅出口横にある、由緒ある建物。入った途端に歴史が感じられる空間でした。

原作は、井上ひさしさんの同名戯曲。テーマは「忠臣蔵」です。さんざんやり尽くされた感のある、国民的テーマですが、井上戯曲は、「討ち入り当日を吉良上野介の立場から描く」というもの。

聞くところによると、脚本家の三谷幸喜さんが、討入り当日を吉良の側の視点から描くというプロットでいろいろ案を練っていたところ、井上がすでにまったく同じことをやっていたことを知って、愕然としたとか。
f:id:zocalo:20170326205517j:plain

あらすじは他に譲りますが、時刻は赤穂浪士討ち入り直後。舞台は一箇所に限定されています。本所吉良屋敷内の炭部屋に集っているのは、吉良本人、近習の者たち、そして将軍綱吉から賜った「お犬様」。そしてもう一人・・・。
そこには大石内蔵助らは登場しません。浪士たちの声や足音が炭小屋の向こうから聞こえてくるばかりです。

吉良はなぜ自分が討たれなければならないか、彼の理知的な頭脳では理解できません。近習たちに問い掛けながら、なんとか解き明かそうとします。
吉良は理知的な人物として描かれ、彼の論理が大石内蔵助の心底を探っていくのですが、それを演じるのはすべて人形たち。お犬様も人形ですね。
この物語、忠臣蔵の「裏読み」なわけですが、裏読みには裏読みのしっかりとしたロジックが必要です。そして、それを支える演技もまた。
その点人形たちは、細やかな動きと間の取りかたでシリアスなシーンをだれることなくしっかりと支え、上野介や近習の者たちの理窟を支えています。
同時に人形ならではのコミカルな動きが差し挟まれて、つい吹き出してしまうのでした。

追い詰められたはずの吉良勢は逃げることなく、窮鼠猫を噛むというわけでもなく、状況に立ち向かっていきます。
その清々しいこと!

素敵な時間を頂戴しました。

イヌの仇討

イヌの仇討